Copyright © 2017  VogLe ink.  All right reserved.

”夏の納涼ミニ茶会”ワークショップのレポート    (第二幕)

August 5, 2018

早いもので時刻は18:40   

 

 

 


時間があっという間に過ぎて、後半にかけてお客様もすっかりミニ茶会になれて盛り上ってきてもう少しという所でお開きのお時間に。そのまま残って見稽古も良かったらどうぞとお勧めてみれば、皆さん残って復習されていかれました。なんだか主催者側としては嬉しいものです。そして第二幕です。 

 

 

 

 

続け様にもう一度お稽古なのですが、ギャラリーも増えている中でも浅見先生はさらに饒舌に、そして手ぎわよくお茶席を進めていきます。いつも通り誰かに教えているが如くの仕事に僕らは関心しますし、気持ちが上がりますね。

 

 

 

 

ちなみに本日のお菓子はこんな感じでした。夏らしく涼しげで美味しかったです。

 

 

 


茶道のお点前の中で、皆さんも見た事あるであると思いますが"柄杓"というものがあります。竹で出来たお湯を取り分け入れるものですが、その扱い方がかっこいいのですが (見せ場的な所になると思いますが) 今回は無いのが残念でしたが今後取り入れたり出来ればといいなと個人的に思っています。

 

 

 


武将と茶道の関係や千利休、裏千家にまつわるお話など以外と知らないためになるお話をわかりやすく説明してもらい、誰かにちょっと自慢げに語りたくなる内容でした。(皆さんも、へぇ〜、ふむふむ )

 

 

 

大好評の野点セットの説明。かわいいと本当に人気で、浅見先生のプレゼンが上手いので欲しくなりました!先生のオススメはアウトドアブランドから出しているのではなく、茶道具屋で買った方が良いとのことです。

 

 

 

 

無事に二組目のお稽古も終わり御開きとなりましたが、ありがたいことに盛況な会になりまして皆さん質問など尽きないようでなかなかお帰りにならず、先生もひとつひとつ質問に丁寧に答えていました。

奥の方では小林も熱く語っていたようで、一体感のある会となり充実した時間を皆さまお過ごしいただけたのではないのでしょうか。

 

 

 

 

浅見先生はきちんと最後までお見送りを「またいらしてくださいね」と最後までおもてなしを欠かすことはありませんでした。

茶道を少し触れただけくらいのお稽古でしたがおもてなしの心や感謝の気持ちなど、あらためて勉強させてもらました。サロンでももっとそういったものを表現してお客様により喜んでもらえるようにしてまいりたいと思います。

 

お茶会にご協力していただいた方々や、ご参加いただいたお客様方には本当に感謝をしております。また次も開催するつもりですので今回ご参加されなかった方なども是非次回のご参加をお待ち願っております。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

おまけ

始まる前の準備と打ち合わせ中の二人。

この時、五分前に初めて会ったばかりですが、前から師弟関係であったかのような雰囲気で何だかすごく嬉しく思ってしまいました、ありがとうございました、お二人ともお疲れ様でした。

 

 

 

 

 

*productsページの一番下に動画も公開しております。

 

 

 

Please reload

Featured Posts

Wix Meet up

December 2, 2019

1/10
Please reload

Recent Posts

December 2, 2019

November 7, 2019

June 13, 2019

May 23, 2019

Please reload

Archive